スマートフォン解析
 

消失鋳造製作工程:株式会社ニューテック

 
 
 

消失鋳造の特徴は、鋳物を製作する時に必要な木型や反転型などの基型を製作しないこと。
3Dデータさえあれば、鋳物を1個から製作することが出来る事です。

その製作方法は、まず御支給頂いた3Dデータから消失モデルを製作。
次に出来上がった消失モデルを鋳型に埋没させ、外部から温度をかけて鋳型の中で消失させます。

こうすることで、鋳型の中に製品形状の空洞ができ、そこに金属を流し込むことで、鋳物を製作することが出来ます。

製品形状の消失モデルを鋳型の中で消失させることで、石膏鋳造同様に抜き勾配ゼロ度で鋳物を製作することが可能。
また、型割を考慮する必要が有りませんので、薄肉品や複雑形状、中空品も比較的容易に製作することが可能です。

 

①3Dデータ受領

①3Dデータ受領
 

3Dデータ受取後、加工代・鋳造収縮を考慮した造形用の3Dデータを作製します。

3Dデータの形状を変える事で、ボスの位置やリブの幅、内径・外径違いなど、バリエーション違いの鋳物を各1個から製作することも出来ます

 

②消失モデル製作

②消失モデル製作
 

造形用の3Dデータを元に、3Dプリンターで樹脂粉末をレーザーで積層し、消失モデルを造形していきます。

造形が終了したら、冷却・取出しを行い消失モデルが完成します。

消失モデル造形用の3Dプリンターを自社保有することで、製作に掛かる時間を短縮。
短納期を実現しています。

 

③型枠設置 ⇒ 石膏スラリー流し込み ⇒ 硬化

③型枠設置 ⇒ 石膏スラリー流し込み ⇒ 硬化
 

型枠の中に消失モデルをセットし、石膏スラリー(水に溶かした石膏)を流し込みます。

石膏スラリーは流動性が高く、複雑な形状の消失モデルでも隅々まで流し込むことができ、細部にわたる形状まで鋳型に反映することが出来ます。

 

④焼成 ⇒ 鋳型完成

④焼成 ⇒ 鋳型完成
 

出来上がった石膏型に外から熱をかける事で、鋳型の中で消失モデルを消失させます。

消失モデルが鋳型の中で消失することで、型割や中子を考慮することなく鋳型を製作することが出来ます。

鋳型に含まれた水分がなくなるまで十分に乾燥させれば、モデル形状の空洞を持った鋳型の完成です。

 

⑤鋳造

⑤鋳造
 

鋳型に溶けた金属(アルミニウム・マグネシウム)を流し込み、注湯を行います。

※減圧鋳造を行うことでガス欠陥を防止し、薄肉・複雑形状に対応できます。

 

⑥鋳型崩壊 ⇒ 仕上げ

⑥鋳型崩壊 ⇒ 仕上げ
 

金属が固まったら鋳型を壊し、鋳物を取り出します。

鋳型から取り出した鋳物には、湯口やバリなどの不要な形状が付いています。
その湯口やバリを仕上げ専門の職人が、形状の細部にまで手を加える事で、石膏鋳造らしい美しい外観の鋳物に仕上げます。

 

⑦鋳物完成

⑦鋳物完成
 

仕上が終われば、鋳物の完成です。

※ご要望により熱処理・機械加工・表面処理を行います。

   
鋳造品の熱処理について

アルミニウム合金は、焼き入れや焼きなましなどの熱処理を行うことで、機械的性質を向上させることが出来ます。
ニューテックでは社内に熱処理炉を保有することで、納期の短縮を実現。
T5、T6、T7処理のほか、JIS指定の条件、条件指定での対応も実現しています。

 

関連記事

関連記事
   
 

ダイカストに負けない機械的強度を実現

ダイカストに負けない機械的強度を実現
 
 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら
 
 

業務紹介

業務紹介
   
 

 
株式会社ニューテック
〒381-0101
長野県長野市若穂綿内1136-18
TEL:026-282-7231
FAX:026-282-7234
 

 
業務内容
Al・Mg試作鋳物の製作
ダイカスト試作
6ナイロン樹脂部品の試作
 

<<株式会社ニューテック>> 〒381-0101 長野県長野市若穂綿内1136-18 TEL:026-282-7231 FAX:026-282-7234